会社情報

  • <<前へ
  • 21件中 [ 16件~21件 ]を表示

過熱器管 現場溶接部の放射線透過試験@佐賀市清掃工場

過熱器管 現場溶接部の放射線透過試験 佐賀市清掃工場ボイラ更新工事でボイラー構造の一部である「過熱器管」という部品を取り換える際に、現場で溶接接合した箇所について放射線透過試験を実施しました。 また未使用時の過熱器管の厚さを超音波厚さ計で測定しておき、定期的に測定していくことで、部品の経年劣化を判断していきます。 ボイラーや配管など現場溶接継手の非破壊検査は九検にお任せください。 佐賀・福岡・長崎...

詳細を見る>>

廃熱ボイラ建設工事@唐津クリーンセンター

 このボイラーとは、クリーンセンター(ゴミの焼却施設)でゴミを 燃やした熱を利用して発電を行うため、蒸気を発生させる設備です。 その建設時に行われた溶接部の放射線透過試験(X線撮影)と浸透探傷試験を行いました。X線を使用するため、安全上の理由から作業終了後、夜間作業で行います。 建設時の溶接継手の非破壊検査は九検にお任せください。 佐賀・福岡・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島、九州どこでも対応いたし...

詳細を見る>>

九州新幹線熊本車両基地建設工事

熊本市富合町のJR九州新幹線車両基地の建設現場です。そこで、コンクリート杭(PHC杭)の現場溶接部浸透探傷試験(カラーチェック)を行いました。検査工期は3年にもわたり、建設現場も写真左のような状態から、写真右のようになりました。コンクリート杭、鋼管杭などの現場溶接継手の非破壊検査は九検にお任せください。 佐賀・福岡・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島、九州どこでも対応いたします。 JIS Z 2305...

詳細を見る>>

線路高架工事における鋼管杭の超音波探傷試験

軟弱な地盤では上を走る電車の重量や振動などで線路橋が沈まないようにするため、この下に鉄で作られた鋼管杭が埋められています。その鋼管杭は長さが数十メートルに及ぶものもあるので、通常は2~3本程を溶接して継ぎ足しています。その継手溶接部を超音波を使って異常がないかを検査します。皆さんが普段利用されている線路橋の建設時にも非破壊検査が実施されています。鋼管・コンクリート杭など現場溶接継手の非破壊検査は九...

詳細を見る>>

河川改修工事における鋼管杭溶接部検査

杭には鉄でできた鋼管杭や、セメントで作られたPHC杭と呼ばれるものがあり、1本の長さが10メートル前後のものを2~3本程継ぎ足して、全体が数十メートルになるように溶接にて接合します。その現場継手溶接部の浸透探傷検査(カラーチェック)を実施しました。鋼管・コンクリート杭など現場溶接継手の非破壊検査は九検にお任せください。 佐賀・福岡・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島、九州どこでも対応いたします。 JI...

詳細を見る>>

iの非破壊検査室

 非破壊検査ってどんなことをするの? どんなものでも調べられるの? これも調べられる? など、あなたの疑問を弊社の検査員が愛と誠意をもって解決します。 お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら 

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • 21件中 [ 16件~21件 ]を表示