会社情報

  • 21件中 [ 1件~15件 ]を表示
  • 次へ>>

採用情報

九検採用情報

詳細を見る>>

浸透探傷試験(PT:Penetrant Testing)

 浸透探傷試験(PT:Penetrant Testing)は主に金属表面に開口している割れやブローホールなどを見つけるために用いられる手法です。大掛かりな装置や、手法によっては電源も不要なため、あらゆる場面で広く利用されている検査手法になります。検査の対象物も非常に多岐に渡っていて、例えばスポンジのような多孔質の表面以外のものであれば、金属・非金属を問わず適用することが可能です。 特徴 あらゆる方...

詳細を見る>>

磁粉探傷試験(MT:Magnetic Particle Testing)

磁粉探傷試験(MT:Magnetic Particle Testing)は金属表面に電磁石を当てて、金属表面に磁界を発生させることできずを見つける手法です。 浸透探傷試験と同様に金属表面のきずを検出することを目的としていますが、浸透探傷試験とは異なり表面に開口していない表面近傍のきずも見つける事が可能です。一般的に浸透探傷試験に比べてきずの検出精度が高い事も大きな特徴となります。 しかし、磁化でき...

詳細を見る>>

超音波探傷試験(UT:Ultrasonic Testing)

超音波探傷試験(UT:Ultrasonic Testing)は超音波の反射を利用して試験体内部の異物や空隙を検出する検査方法です。 超音波とは人の耳では聞き取れないような高い周波数を持つ音のことで、物質中を直進するという性質を持っています。 直進している超音波が異物や空隙の境界面に当たるとその境界面で反射します。反射してきた超音波を受信することで、反射源 (この場合は「きず」) が存在する事が分か...

詳細を見る>>

放射線透過試験(RT:Radiographic Teting)

放射線透過試験(RT:Radiographic Teting)はX線などの放射線を用いて対象物を検査する非破壊検査の一種です。 人体のX線写真と同様に、対象物に放射線を照射して、透過した放射線の強さから対象物の異物やきずの有無を調べることが出来ます。内部に異物またはきず(空気など)が存在する領域は、フィルム上に黒い像として検出されます。 検査記録をX線写真として確実に、また客観的に残すことができる...

詳細を見る>>

配筋探査(電磁波レーダー法)

 電磁波レーダー法配筋探査では、コンクリート内部の鉄筋位置が分かります。大掛かりな装置や、電源も不要(バッテリー駆動)なため、装置が動かせるところであれば、場所を選ばず検査できます。検査の対象物は鉄筋コンクリートで作られた壁や柱などです。 特徴 深さ30cm程度までの鉄筋の有無、本数、ピッチなどが分かる 小さく、軽量で、バッテリー駆動のため携帯性がよい 電気設備のない場所でも検査できる およそのか...

詳細を見る>>

イメージングプレート(IP:ImagingPlate)

イメージングプレート (IP:Imaging Plate)とは、有機フィルム上の片面に輝尽性蛍光体粉末を塗布した板です。デジタルX線写真の撮影において写真フィルム(X線フィルム)の代わりに用いられています。 イメージングプレートはフィルムに比べ微小なX線吸収差を検出できる上、放射線に対する感度がとても高いため、撮影時のX線被ばくを低減できます。デジタルデータとして取得するため撮影写真の劣化もなく、...

詳細を見る>>

タンク底板下間隙測定技術(中性子法)

タンク底板上から底板下の間隙や基礎の起伏を非破壊的に求めることができます。底板上にセットした間隙測定器より底板のレベル、底板の厚さ、間隙 距離が判れば基礎地盤の形状が求まります。また、底板基礎の水分量( 相対値) を測定可能です。特徴  打音調査とは違い、間隙そのものを測定可能 数値による測定管理が可能 レベル測定を用いた通常の沈下測定とは違い、局所的な沈下を見つける 数値管理で危険性を経年で観察...

詳細を見る>>

打音検査(AI打音チェッカー)

コンクリートやタイルの浮きや剥離を打音検査で確認します。AI打音チェッカーを使えば、従来の打音検査のように定性的な判定ではなく、数値化して定量的に判断できます。それにより、スコア値のマッピングや経年変化の観察などができ、劣化診断や補修計画の立案に活用することができます。特徴  点検者の経験や感覚に頼ることなく検査可能 数値による測定管理が可能 打音を取り込み、AIが瞬時に判定(約0.3秒) [OK...

詳細を見る>>

会社情報

会社概要 商 号株式会社 九検 本 社佐賀県佐賀市鍋島町八戸溝166番地35 設 立1986年8月8日 資本金1,000万円 代表者代表取締役 古賀美智恵 社員数25人(2021年4月現在)男性:21人、女性:4人 事業内容 浸透探傷試験 磁粉探傷試験 放射線透過試験 超音波探傷試験 超音波厚さ測定 漏れ試験 内視鏡検査 危険物タンクの保安検査 溶接管理 公共物調査 測量業務 コンクリート構造物調...

詳細を見る>>

赤外線サーモグラフィ試験(TT:Infrared Thermographic Testing)

赤外線サーモグラフィ試験(TT:Infrared Thermographic Testing)は「赤外線放射エネルギーを検出し、その分布を画像表示する方法を応用した試験」です。 化学プラントや発電・送電設備の異常発熱の検知による保守・管理、また建築構造物のタイルやモルタルなどの外壁仕上げ材の浮きや剥離部の経時温度変化からの評価などに適用されています。実際の赤外線サーモグラフィ試験では天候や地理状況...

詳細を見る>>

検査実績

こちらでは検査実例を検査種別ごとに紹介しています。 放射線透過試験(RT) 超音波探傷試験(UT) 浸透探傷試験(PT) 磁粉探傷試験(MT)

詳細を見る>>

福岡208号大川高架橋下部工工事

杭頭補強筋浸透探傷試験 杭の浸透探傷試験の記事でも紹介しましたが、筑後平野や佐賀平野には、軟弱な地盤(有明粘土層)が広く分布しています。 道路や橋などを新しく作る場合、軟弱な地盤では構造物を満足に支持出来ない為、強固な地盤の支持力を得る為に、杭施工(地中深くに杭を打つ)を行います。 杭には鋼管杭や、PHC杭と呼ばれるものがあります。筑後平野や佐賀平野では、支持地盤までの深さが20、30メートルある...

詳細を見る>>

コンクリート壁のレントゲン撮影@郵便局

 コンクリートの壁に穴をあける工事が必要になった場合、むやみに穴をあけてしまうと壁の中に入っている鉄筋や電気の配線などを損傷してしまう可能性があります。そうならないよう穴をあける場所を特定するため、レントゲンを利用して壁の中の状態を撮影します。そのX線写真を参考にして、障害物のない場所に穴を開けることができます。また高い位置の撮影も可能なように、3m程度のリフトでX線照射装置を持ち上ることで、天井...

詳細を見る>>

  • 21件中 [ 1件~15件 ]を表示
  • 次へ>>